大アルカナ【3 女帝『The Empress』】の意味と読み解き方を解説

タロット

キーワード:母の愛は何を産み出し、何を育むか?

意味

実りの大地にゆったりと座り、優しく微笑む女性。

彼女の衣服や装飾品からは『女帝』としての威厳を感じるが、彼女の微笑みはまるで優しい母親のような、

全てを包み込むような愛情を感じる。

一つ前のカードである『女教皇』の微笑みとは少し意味合いの違った温かさが伝わってくる。

年齢も『女教皇』よりも少し上だろうか。

『女帝』のカードは“成熟した女性らしさ”が溢れている。

女性が生み出す安定感や慈愛、豊かさや繁栄。

きっと、そこに見返りを求めることや損得勘定はありえないであろう、

母親が子どもに与える無償の愛がここにある。

自分で行動して世界を変えていくような激しいエネルギーはないけれど、か弱い存在でもない。

彼女の近くにおいてあるハート型の盾は、愛する者を護っていることの象徴である。

また、彼女の纏っている白のローブの絵柄には“ザクロの実”が描かれている。

『女教皇』のカードでも登場した“ザクロの実”は女性器の象徴である。

実は、『女帝』は妊娠している女性であるという説がある。

ゆったりとしたローブを身に纏い、女性の妊娠や出産といった神秘的な力を隠すことなく堂々と微笑む。

多くの研究者はそこに『母なるもの』を感じたのであろう。

ユング心理学とタロットカードを結び付けてタロットカードの考察をした研究者は、

『女帝』のカードを「彼女は魔女なのか、女神なのか、呑み込む母なのか、聖母なのか、宿命の女なのか。

答えはおそらく、その中のどれかではなく、それらすべてである」と考察した。

また、多くのタロットカードの研究者は『女帝』を『デメテール(ギリシャ神話の豊穣神)』や

『イシュタル(メソポタミア神話の愛と美の女神)』といった古代の大地母神を現わしたものと解釈している。

現在、多くのタロットカードが出版されているが、

『女帝』のカードは概ね同様の特徴を持つ女性が描かれていることから、

『グレートマザー(各々の心の中に存在する“母”のイメージ像)』を現わしていると言って間違いないだろう。

ただし、“母”という存在は時に残酷である。

筆者の大学時代に「“母”というモノは子どもを守る鬼だ」と言った教授がいた。

“母の愛”は恐ろしい程に強い。良い方向にその力を使うのならば、我が子を産み、

育て、教育し、一人前になるまで外敵から守る役目を果たすのであろう。

しかし形が変われば、愛情の押し付けにも、おせっかいにもなる。

そして、周囲に自分のわがままをとおし、煙たがられるも恥を忘れてしまっているので痛くもかゆくもない。

そして、それが許されると思っている“母”もこの世には多く存在する。

現状に満足して大して努力もせず、しかし口では不満だけ出すような者を占う時に出やすいカードである。

ウェイト版の『女帝』を見ると、彼女の足元だけが灰色の不毛の地となっている。

これは彼女が今ある快楽に身を任せ、身近なものを消費していることを伝えているとの説も存在する。

貴方の人生が始まる時に与えられた“母の愛”。

それはどんなモノで、貴方の人生にどんな影響を及ぼしたのか。答えは貴方の中にしかない。

正位置/逆位置

正位置:

優しさ、優美さ、生産性、愛情、豊で満ち足りた状態、温かい心、穏やか、優雅さ、出産・妊娠、安定感

逆位置:

愛情の押し売り、見栄っ張り、プライドが高い、怠け癖、過保護、成長できない、愛と性から破滅に向かう

恋愛

正位置:

女性がリードする、年上の女性との交際が良い、喜びや安らぎのある関係、愛し愛される関係、情熱的、長続きする

逆位置:

女性関係でモメる、気の迷い、気まぐれで実らない関係、わがままが多い、性格の不一致、倦怠期、中絶、晩婚、年下、マザコン

片思い

正位置:

今の関係で満足している、一歩踏み出す勇気が必要、自分を隠す必要はない、女性らしさを出すと良い、心に余裕をもつこと

逆位置:

おせっかいすぎる、ルーズな関係、相手に頼りすぎている、そもそも性格が合ってない、消極的な関係、逃げ腰

相手の気持ち

正位置:

おおらかな人、女性的な魅力、周囲の人を幸せにできる人、脈アリ、一緒にいると楽しい、ムードメーカー、姉御肌

逆位置:

浪費家、見栄っ張りな人、だらしない人、わがままな人、うまくいかない、厚化粧な人、貪欲すぎる人、高圧的な人

仕事

正位置:

繁栄する、注目の的になる、業績上昇、異なる意見に耳を傾けること、努力が実る、はっきりとした意見を述べると良し、女性を対象とした仕事が良し、芸術関係が良し

逆位置:

向上心がない、無駄が多い、業績ダウン、集中力がない、目標が見えない、ミスが多い、努力が足りない

未来

正位置:

理想的なみらい、調和のとれた人間関係、努力が実る、心が満たされる、心に余裕ができる、ポジティブな未来

逆位置:

不毛、バランスが取れていない、家庭内の不和、体調不良(婦人病多し)、欲に流される、わがままが多い、気の迷い

【この記事のライターさんをご紹介】

ROKUJO

Twitter:http://twitter.com/yurirokujo

昭和60年、栃木県生まれ。高校生の頃にタロット占いを独学で学び、学校の休み時間等で占いを行っていた。大学進学後も独学でタロットカードの由来等を研究する傍ら占いを続け、現在は都内某バーにて占いイベントを開催している。また、最近は本業であった公務員を退職し、ライター業と占いに専念している。

タイトルとURLをコピーしました